ほっとプラス

XaviXmobileシステム

「アタマ倶楽部」

「アタマ倶楽部」はグループ参加型の

 認知機能トレーニングプログラムです。 

最新の脳科学理論に基づき脳の前頭前野を効果的に鍛えることができます

 介護予防には脳を刺激し続けることが大切です。大脳の前頭前野は人間が人間らしくあるためにはとても大切な箇所、使わないでいると廃用性萎縮が生じます。その結果、認知機能が低下し物忘れや認知症を発症するといわれています。

 この前頭前野は実はトレーニングで鍛えることが可能なのです。効果的に前頭前野を使用することで記憶力や計算力などの認知機能を維持・向上させることが期待できます。

脳を刺激して鍛える、ゲーム感覚の楽しいトレーニングプログラムです

 プログラムは全て文字や図形などを用いた解りやすいルール。ゲーム感覚の楽しいトレーニングですが、脳のワーキングメモリーの機能を効果的に使用するブランチング課題など、前頭前野を効果的に鍛えるメニューをたくさん用意しました。

グループで取り組める、認知機能トレーニング

 最大20人まで参加できます

 ひとりの スタッフで最大20人のケアができるプログラムです。画面のガイドに従って進めて下さい。とてもカンタンな操作で高齢者の方にも理解しやすいルールで構成。

 4つのボタン操作だけで使用できます。

「アタマ倶楽部」は脳の専門家と認知症の専門家の監修のもとで開発されました。 

久保田 競 先生

京都大学名誉教授 大脳科学者 医学博士 
脳科学分野における世界的な第一人者

 集団で前頭極を鍛えることができる世界最初のトレーニングプログラム

  最新の脳科学の研究により、ヒトが人間らしい思考や行動をするには前頭前野の特に前頭極が非常に重要な役割を果たしていることがわかってきました。ところが加齢により最も早く衰える脳の領域でもあり、認知症の患者の方の脳では特に衰えが目立ちます。 

 アタマ倶楽部は世界初の集団で前頭極を鍛えることができるトレーニングプログラムです。 脳もカラダも使わなければ次第に衰えていきます。高齢者の方には定期的に効率のよいトレーニングをすることは大変重要だといえます。

山田 逹夫 先生

元福岡大学 医学部神経内科教授 医学博士

認知症早期診断予防を実践

 大勢が一緒にひとつのことに取り組むことが前向きで明るい自己を引き出す

  アタマ倶楽部のソフトウエアは、高齢者の脳に必要な数々の楽しい思考プログラムが含まれており実際の現場で大勢の方々が一緒になって、 一つのことに取り組むことで生まれる相互のコミュニケーションにより、前向きで明るい自己を引き出すなどの相乗効果をもたらすことが確認されています。

 この「アタマ倶楽部」は、一人ひとりの脳の前頭前野機能を鍛え、問題解決脳力の向上をもたらすとともに、ひとりで10人、20人の多くの方々をケアすることが可能です。 このようなシステムを活用した新たな認知症予防や改善する方法で多くの人が「生涯現役で幸せな人生」をおくる一助になることを願っております。

(C)2010-2016 新世代株式会社 All right reserved